先輩社員の声

様々な業務を行うことで
感じる刺激にも変化があり、
充実した日々を過ごせています。
德田 創太
平成30年4月入社

Q1.フソウメンテックを選んだ動機やきっかけは?

高校生の時に先生に進められたのが、フソウメンテックを知ったきっかけでした。それから会社見学などで、会社の概要を知り、社会生活になくてはならない水道と言うものの仕事に興味を持ち、この会社を選びました。

Q2.現在はどのような仕事をしていますか?

香川県多度津町の平渕浄水場で勤務しています。多度津町では膜処理設備(低圧RO、NF)や極性転換方式電気透析装置など他の浄水施設では見られない特殊な処理を行っている為、それに合わせた運転管理、保守点検、修繕業務を行っています。

Q3.どのように仕事や職場環境に慣れていきましたか?

私の場合は日々の業務を行う中で、積極的に質問をし、専門的な知識を増やすことで環境に慣れていきました。質問することによって、行っている業務の意味や各機器の役割など仕事に関する認識が深まり、それが自然と慣れというものに繋がると思います。

Q4.仕事で楽しかったことや達成したこと、心に残るエピソードは?

私が現在従事している現場では、毎日同じ業務を行うのではなく日々の業務に変化があります。様々な業務を行うことで知識を得られ、感じる刺激にも変化があるので、充実した日々を過ごせています。

Q5.仕事で大変だったことや苦労したことは?

入社当時は苦労しました。こういった特殊な業種なので目にする機器や会話で出てくる単語など専門的なものが多く、耳にする言葉の意味が解らないことが多かったです。ですので、質問や自分で調べるなどして言葉の意味や機器の役割などを理解していました。

Q6.仕事において今後取り組んでいきたいことや目標は?

資格取得に取り組んでいきたいと考えています。これまで業務を行ってきた中で、水質など化学的な知識はもちろんのこと、電気や機械などの多様な分野の知識も必要だと感じました。今後様々な業務に対応できるよう資格の取得を目標に頑張りたいと思います。

Q7.入社前と入社後で会社や業界に対するイメージがどう変わりましたか?

入社前までは、水というものは、蛇口を捻れば出てくるものというイメージでしたが、入社後では、様々な人の努力によって生み出されるものという考えに変わり、とても責任感の強い職業だと思うようになりました。

Q8.先輩としてのアドバイスをお願いします。

施設には毎日、違う条件、水質で水が入ってきます。ですので、会社内での「報告・連絡・相談」がとても重要になります。はじめはわからないことだらけですが、先輩方がしっかりと教えてくれるので心配いりません。責任感が強くやりがいのある仕事がしたいという方は、ぜひフソウメンテックに来てください。

採用のご応募・お問い合わせはこちら

採用応募フォーム

社会的意義のある仕事です。みなさまのご応募をお待ちしています。